『1982年の設立趣意書』から    株式会社バイナリーのTopへ

起業理念


弊社バイナリーはあらゆる産業における、情報システム化の促進を

目的としてメインフレームからパソコン、マイクロプロセッサーまで、幅広い分野でのコンピュータの

活用と応用を技術的な立場から協力・支援するものである。

また近未来に実現するであろう高度情報化社会への担い手として

コンピュータにより得られる多大なる恩恵を、特定産業のみならず

一般家庭の日常生活にまで浸透させて
安全で暮らし易い地域社会の創造に貢献するものである。


開発姿勢 


テクノロジーとは、 特殊な最先端分野を示す言葉ではありません。

宇宙の真理は、   総てが一体であることを教えています。

無関係な物など無く 総てが連係し、関連し合った

自然の摂理に他ならないのです。学術分野の垣根を越えて、より自然で、本来あるべき

連係を見出した者こそが、
新しいテクノロジーへの扉を開くことができると信じます。

『萬有一体』とは、弊社が技術開発する上での基本姿勢となるものです。

それはまた、来る未来への弊社の目標でもあります。

萬有一体はまた、現代表の伯父である、

繻エ玉市(福岡工業大学、福岡電波学園の創立者、初代学長・理事長)の教えでもある。
故 繻エ玉市の功績と足跡をまとめた資料が、この度半世紀を経て完成し、地元の郷土史家と柏崎日報社の協力を得て

広く一般に公開された。その資料は柏崎市の市立図書館や市立博物館はもちろんのこと、国立国会図書館にも寄贈されており

故人が生前に発刊した図書と同様に検索することができる。 「柏崎日報の記事閲覧