株式会社バイナリー   仮想メインフレーム ( Virtual Main Frame ) とは       株式会社バイナリーのTopへ   
  



Virtual Main Frame
とは、既存LANの基底に構築される、『バッチ集計環境』である。

今やスマホはPCを超えた!』との愚見と同様に、メインフレームもまた『時代の遺物』であるかのように言われている。
これもまた、ITの基本と変遷を知らない
無知な論評とも言える。
メーカーやOSの異なるシステムを連係して構成する、いわゆる、オープン系分散システムは、標準仕様とはいえ、そのインターフェースの
整合性に思いの外トラブルも
多く、時としてシステムのレスポンスに大きな影響を及ぼすこともある。

それに比べると最近の
IBM社製の最高級メインフレームでは、その処理速度は何と 70,000 MIPS (Million Instructions Per Second) 以上
とも言われ、PCやサーバーなどでは到底、足元にも及ばない驚異的な性能を誇っている。

例えば、
全世界の人々を顧客管理したとしても、このメインフレームが2台もあれば、完璧なサービスを提供できると関係者は豪語しているらしい。
クイックレスポンスはもちろんのこと、なんとその価格はオープン系分散システムの構築に掛かる費用よりも安価と言うから驚愕である。
要するにIT化の基本とは、論評に左右されずその目標・使途に適した『餅は餅屋』の環境選択が重要なのである。

弊社は
メインフレームの信奉者ではないが、ビッグデータ処理には、このメインフレーム的な旧態依然の『高速バッチ処理機能が必要となる。
ビッグデータ処理のみならず、昨今は情報量の増加と共に、この基本的な『
バッチ(一括)処理』の必要性が増しているが、社内には各自の
机上
PCとLAN上のサーバのみの企業が殆どで、バッチ処理用の適切な集計環境が無く、外部データセンターに丸投げしている。

また維持費や巷の論評からメインフレームを
脱却し、基本集計を外部データセンターに委託しても、突然の仕様変更や一時的な補正処理
回復処理などに迅速な対応ができないと、結果的に多大な労力を費やし、顧客に迷惑を掛けることになりかねない。

企業内情報の
オープン化の環境は飛躍的に進めど、その基本情報を生成(ビルド)するバッチ処理環境は、それ程進んでいないように思える。
LAN上の
DBの参照と、サーバによる情報共有だけがIT化の全容ではなく、そのサーバ上やDB上にアップする基本情報は、一体どの環境で
生成されるのが最善なのか?

比較的少ない情報量ならば、各自の机上
PC予備のディスクトップでも足りるが、外部に委託する程ではないが、ある程度の情報量となると、
サーバや机上PCに依存しない、独立した
専用環境が望まれる。
こんな時に弊社の、『
仮想メインフレーム』がお役に立ちます。

DBこそが最強の入れ物と思っていませんか?
旧態依然の基本的な『バッチ処理機能』を見なおす絶好の機会です。
             概略仕様 (pdf)    New !