本文へスキップ

株式会社バイナリーは、お蔭様で創業39周年を迎えることができました。

確かな技術と自由な発想 独創的なソリューション

どうされたいのですか』『どうあってほしいのですか
色々なITシステムへのご不満やご要望を、弊社に『お聞かせ』 ください!
そんな想いの中の、ほんの一部でも感動に変えてお返しできれば!と日々取組んでいます。
それが弊社バイナリーの『ソリューション』であると考えます。

具体策の解り辛い『難しい理論』を推奨・ご提案することは一切いたしません。
真の解決策とはもっと『身近』で『見慣れた所』にある『単純』なものかも知れません。
高額な設備投資を以って処方箋とするならば、逆に私達の存在意義が問われます。
皆様の様々なご要望に、創業39周年の弊社がご協力させていただきます。

TOPICS

  • 弊社は11月24日を以って、お蔭様で創業39周年を迎えることができました。  New !
    これからも、首都圏の顧客様のみならず、地元の顧客様にも喜んでいただけるような、
    画期的でかつ、感動的なITシステムの開発に、「萬有一体」の精神を以ってまい進する所存ですので
    どうぞよろしくお願い申し上げます。 また、長らく休止しておりました「コラム(編集長:萬有一体)も、
    新たなテーマと「斬新な切り口」を軸に近々再開の予定です。
    どうぞご期待ください。 
  • 弊社の現代表の伯父である、故 繻エ玉市(福岡工業大学の創立者)の功績と足跡を  New !
    まとめた資料が、この度半世紀を経て完成し、地元の郷土史家と柏崎日報社の協力を得て
    広く一般に公開された。 その資料は柏崎市の市立図書館、市立博物館はもちろんのこと
    国立国会図書館にも寄贈されており、故人が生前に発刊した図書と同様に検索することができる。
    柏崎日報の記事閲覧
    故 繻エ玉市の教えである「萬有一体」の精神は、弊社の開発姿勢の根幹を成すものである。 
  • 増え続けるビックデータを、自社の基底LAN配下の数台のPCにて対応し、分析集計を可能と  
    する Virtual Main Frame 構想を開始、現在試行中です。 (概略は資料をご覧ください)   
  • 未だに人海戦術に頼るしかない、ITの底辺作業とも言えるデータエントリー作業は全業種に共通した
    課題です。(データの信頼性確保、時間削減、コスト削減など)
    この作業環境の効率化、コスト削減を目標に、ダイバース データ エントリー構想を新たに展開し
    試行を始めました。
    この新ソリューションが、データエントリー作業の流れを、大きく変えることは確実です。 

NEWS新着情報

2019年06月
新潟県長岡市に本社を移転登記
2017年10月
新潟事業所設立プロジェクトが本格始動 (柏崎市、長岡市…)
2016年04月
増大するビッグデータ処理を、基底LANのPCで可能にする、Virtual Main Frame System の開発に着手
2016年01月
(株)バイナリーの 「新潟支社設立構想」 に関連する市場の調査を開始
2015年01月
港区高輪1丁目に作業所(分室)を開設
2014年09月
学校、企業、団体様向け特別バージョン Pocket Enquete V4 をリリース (特定顧客のみ)
2014年02月
本社を港区白金に移転
2013年08月
あらゆる業種のIT底辺作業、データエントリーの改善策 「Diverse Data Entry」構想を発表 、試行を開始
2013年07月
厚生労働省 「障害者自立支援機器開発推進事業」 に、「携帯版ガイドヘルパー」 を企画開発申請
2012年05月
教育ITソリューションEXPO (東京ビッグサイト) に商品を出展(ポケットシリーズ)
2009年10月
業務拡張のため新宿区より港区高輪に本社を移転
2007年10月
美術出版社の美術検定に、「普通紙マークシート」 が採用される
2005年04月
コピー用紙による 「普通紙マークシート」 の試作を開始
2001年10月
弊社独自のパソコン版汎用DB (Pockets DB) を開発

株式会社バイナリー

〒940-0841
新潟県長岡市花園南2丁目193番地
(上記住所は登記上の所在地である)
営業活動の拠点としての、新事務所開設に向け邁進中 (新潟市 or 長岡市 or 柏崎市)

ご用の方は上記 「お問い合わせ」 から