『検定システム』、『採点集計システム』、の開発請負      株式会社バイナリーのTopへ 


各種検定システムや採点集計システムの構築は、弊社の基幹業務です。

(財)日本英語検定協会様の『実用英語検定試験(通称:英検)』、(株)旺文社様の『大学入試模擬試験』などは、
メインフレームシステムですが、当初よりすべて弊社が全面的に支援・構築させていただいたものです。

これらのシステムの特徴は
膨大なデータ件数にあり、1回につき100万件単位の採点・集計などは普通の事と言えます。
そのため要求されるノウハウは、『
高速処理』はもとより、『正確な採点と集計』、また試験後には、『大量の成績表印刷』、
合否検索』、などなど…、数えたら切りがありません。
疾うにパソコン処理の範疇を超えており、中には過去1億人弱にも及ぶ合格者検索まであります。

これらの業務を『
数十年間』に渡りサポートして来た『経験とノウハウ』が、弊社の基幹ソリューション構築の基盤と
なっていることは言うまでもありません。

メインフレームで培った処理技術のすべては、パソコンにも移植されており、あらゆる検定システム、採点集計システム、
成績履歴管理システム、等に『
迅速に対応』できる開発環境を持ち合わせています。

弊社が開発した『コピー用紙マークシート』とは、マークシートをもっと身近な環境で簡単に利用出来るように
開発されたテクノロジーです。 (詳細は後述)

従来のマークシートをコピー用紙で代用するだけの環境ではなく、その書式やマーク手法、マークの解析方法に至るまで、

改良と工夫を施したもので、これが他社とは異なり『100%コピー用紙マークシート』と自負できる理由です。
シートを読み取る経費が全く掛からず、身近にある『
複合コピー機』でスキャンするだけで、簡単かつ正確に読み取れます。
これは、IT環境に於ける複合機の地位を、
主要入力装置へと昇格させる程の、環境ソリューションの可能性を秘めています。

検定や模試、採点、成績管理、等のシステムの構築をお考えなら、実績と豊富な経験がある弊社にお任せください。
信頼性の高い、ご満足いただけるシステムの提供をお約束致します。
 


 コピー用紙マークシート サンプル

 《Placement Test》




 《検定試験》 


 《アンケート用紙》 


 コピー用紙マークシートの詳細

 『コピー用紙マークシート』とは、弊社の独創的なテクノロジーの1つで、『コピー用紙』で代用できる
 マークシートのことです。
 従来の堅苦しいイメージはなく、解りやすく、見易く、しかも世代を問わず誰にでも簡単にマークができます。

 市販の『
スキャナー』で読み込めますが、お手持ちの『複合コピー機』あるいは『スキャン機能付プリンター
 でも充分代用可能です。
 専用シートの製作費が掛からず、設備投資も必要無く、その運用コストは今までとは比較になりません。
 すべては、マークシートを身近で手軽な集計処理の手段としてご利用いただくためのテクノロジーです。

 《特長》

  ・ 精度の高い専用シート印刷は不要 (身近なプリンターで簡単印刷)
  ・ シートの材質も自由 (高級紙や厚紙は不要、再生紙の「コピー用紙」で充分)
  ・ 読取機器も自由 (「複合コピー機」「スキャナー」「スキャン機能付プリンター」…、 メーカー原則不問)
  ・ 読取る内容も自由 (テストの解答、アンケートの回答…)
  ・ マークの仕方も自由 (簡単な、レ点、×印、黒丸…、枠内を塗りつぶす必要なし)
  ・ 筆記用具も自由 (鉛筆、シャープペンシル、ボールペン、万年筆…、但し消せないものは不利)
  ・ シートのサイズはA4版横が基本 (B5版は要ご相談)

 その他に関連する複数の、
特殊ソリューション テクノロジーによって、弊社の『文・教育ソリューション』は
 構成されており、互いに連係し支援することで、目標である『
信頼性独創性』を維持管理しています。
 その中で代表的なものを紹介しますと、例えば、


『画像補正エンジン』

  保存の形式、密度、ブレ、伸縮、歪、等々、提唱の『メーカー不問』のイメージ処理は大きな壁です。
  しかも画素単位の補正処理のため、1シート分を解析し補正するには、それなりの
補正時間を要します。
  弊社の補正エンジンは、ファイル形式や密度を超え、画像の乱れを
素早く補正し、すべて同一規格の
  イメージ形式に統一変換することを目的としています。

  《特長》

  ・記録形式(TIF,JPEG,PNG,GIF,BMP等…)、ファイル圧縮(ZIP等…)も判別
  ・記録密度(縦横の画素数,DPI等…)も判別
  ・イメージのトップ、レフトのマージン、傾き、伸縮、等も判別
  ・天地逆転(180度回転)シートの混入も判別
  ・最低50〜60シート/分、の高速補正スピード(7レベルのPC)、使用PCの仕様により異なる


『マーク解析エンジン』

  マーク解析で難しいのは、筆記用具によるマークの濃淡の違いです。
  濃いものを標準にすれば、薄いものは無視され、逆に薄いものを救うと、不要な
汚れまで読み取ります。
  弊社は
自由な筆記用具も原則可能としているため、濃淡を基準としない特殊な解析方法を用いて、
  人為的にマークした形跡があるか否かの判定も補佐的に行っています。

  《特長》

  ・5mm x 6mm , 4mm x 5mm ,4mm x 4mm のマーク枠が基本
  ・3mm x 4mm , 3mm x 3mm 枠は要ご相談
  ・単独マーク欄は、1番濃いものを自動選択
  ・複数マーク可の欄は、最高で選択肢の数の1/2迄、濃い順に自動選択

『採点集計エンジン』

  マークの解析後に必要となるのは、採点集計環境です。
  弊社は新しいテスト毎に、採点環境を追加する経費(採点プログラム作成料)の削減と、採点の信頼性の
  確保を目的とした、
汎用採点エンジンを用意しています。

  このエンジンの実力は、かつて旺文社様のメインフレームで実施の『
センター試験模試システム
  採点エンジンをパソコン用に移植したもので、その精度と信頼性は保証付きです。
  言い換えると、センター試験での
数学並みの採点が出来ることになります。(数学の配点は煩雑)
  また、集計履歴保存機能を備えており、これにより、後日の
追加集計作業分割を可能にしています。

  《特長》

  ・自在な関連OR配点(論理和:〜か、もしくは〜)
  ・自在な関連AND配点(論理積:〜で、かつ〜)
  ・マイナス配点や順不同採点
  ・単元毎の採点と、自由な単元選択(必須、選択)
  ・正解値と配点は外付け管理(プログラムの修正不要)

『OCRエンジン』

  最後にどうしても必要となるのが、シートの自動認識機能です。
  運用時(読込時)に、シートを
分類仕訳して処理するようでは面倒です。
  『
ごちゃ混ぜ』でシートをスキャンしても、内部で自動的に仕訳されることで操作ミスと手間が省けます。
  このエンジンは、シートの上部に印刷されている、
シート識別番号を自動認識することを目的としています。

  《特長》

  ・シート識別の基本は任意桁の数字番号 (前項のサンプルを参照、例えば顧客番号3桁+科目番号2桁…)
  ・必要なら提出者IDの識別にも利用可能 (個人別のシートでIDと名前を事前に印刷…)
  ・識別数字は最高16桁程度とし、基本的に使用目的は自由


この他にも弊社では、様々な 『文・教育関連ライブラリー』 を保持しています。            RETURN to TOP
システム構築のご意見やご要望は、いつでもお気軽にご相談ください。