株式会社バイナリー   事業内容   バイナリーの事業内容       株式会社バイナリーのTopへ       


社のソリューションの特徴は、簡単に言うと『斬新性独創性』にある。
Microsoft Office」と、俗に言う「高級プログラミング言語」の登場により、『事務処理系ソフトウェア業は、果たして技術職なのか?』の論議が生まれるほど
一般の人達向けに、難なくその解決策が提供され、業界を問わずビジネスマンの常識として浸透している。

「一億総ソフトウェア技術者」的な様相を呈し、弊社を含め「ソフトウェア業」にとって、新規顧客の確保は厳しい状況であると言える。
この様な状況下に於いて弊社では、『ソフトウェア技術をもって地域社会に貢献する。』と言う、30数年前の設立趣意書の内容から、簡単に類似される事のない、

独自の開発路線を目指し、次のようなソリューションに取り組んでいる。

 文・教育 ソリューション       

メインフレーム時代から続く弊社の基幹業務であり『検定システム』『採点システム』『成績管理システム』等の開発請負は一番得意な分野である。
昨今は教育現場もIT化が著しく、各社から様々なソリューションが提供されているものの、無理やりに「ノート」から「IT機器」への切替えだけでは、
単なる媒体変換に過ぎず、何らソリューションと呼べないものも中には多い。
また関係者からは、従来の紙と筆記による個別評価指導が見直され、復権しつつあるとも聞かれる。
本来の『文・教育ソリューション』とは、『教材のIT化』や『コンピュータ自動採点評価』『教育業務の効率化』だけに留まることなく、
全人教育』の一端を担うものであってほしいと弊社は願っている。

検定や模試、採点、成績管理、等のシステムの構築をお考えなら、実績と豊富な経験がある弊社にお任せください。
信頼性の高い、ご満足いただけるシステムの提供をお約束します。
 
 データ入力支援 ソリューション    

教育現場のみならず総ての業種で、基本となるデータの入力作業は、ITソリューション以前の『底辺の作業環境』と言える。
現状の各社ソリューションは、「入力されたデータを集計・加工・編集して最終的に、
どう見せるか」の創意工夫がその大半を占めるが、
根底となる基本データの信頼性を無くしては、如何に高度なソリューションと言えども『宝の持ち腐れ』となってしまう。

IT化は進めど、未だに、このデータ入力作業は、旧態依然の『人海戦術』に頼っている現状があり、弊社はこの環境の効率化と、入力データの
信頼性の向上を目指し、『ハイブリッド データシート』を提唱し支援している。

データ入力(エントリー)にお困りなら、弊社の新ソリューションが、データ入力経費を徹底的に削減し、しかもデータの信頼性を向上させます。
新しいデータ入力環境』 のデビューです。
 ビッグデータ支援 ソリューション   

スマホやタブレット端末(PDA)市場は百花繚乱であり、『今やスマホはPCを超えた!』との愚見まである。
今話題のビッグデータとは、そのスマホはもちろん論外、PCやサーバー、DB等ではどうにも処理することが出来ないデータの集合体である。
それは、ただデータの量的な問題だけではなく、関連する様々な内容のデータが連係していることにもよる。
そして、ビッグデータ処理とは、膨大な情報量を持つ『公共的な企業や自治体』のためだけにある訳ではない
でも、そもそも自社内に『ビッグデータがあるや否や?
と考えられるかも知れないが、このソリューションの場合は、中・長期的なスパンで取り組むことも重要となる。
あるか無いかではなく、自社が今後のビジネス戦略の上で、『新しい価値情報の創出』を望むのであれば、業種やデータの量に関わらず、
先を見据えた『ビッグデータ化』構想は避けて通れない道となり得る。
ではそのデータの累積・集計環境をどこに委託しますか?
自社でメインフレームでも持ちますか? 名だたる『データセンター』にでも投げますか?
経費を掛けることなく、自社内の設備で色々と試したいなら、弊社の『 VMF(Virtual Main Frame) 』がご支援します。
VMF は既存LANの基底にバッチ集計環境を構築します。
但し、弊社の VMF はあくまでも『基本集計の支援ツール』であり、高度な統計パッケージではありません。
集計の結果から、何を価値情報として読み解くのか、その総ては顧客に任せられます。
 

弊社はこの他にも、様々なソリューションに取り組んでいます。                   RETURN to TOP 
ご要望やご意見がございましたら、いつでもお気軽に連絡ください。